2010年03月12日

もんじゅ、耐震安全性も「確保」=報告書ほぼまとまる−経産省(時事通信)

 1995年のナトリウム漏れ事故で運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の耐震安全性を検討する専門家の委員会が11日、経済産業省で開かれ、「耐震安全性は確保されている」とした同省原子力安全・保安院の報告書を大筋で了承した。近く、正式な報告書をまとめ、国の原子力安全委員会で審査する。 

【関連ニュース】
原発利用を明記=温暖化対策法案に
政府、ベトナムに原発売り込み=鳩山首相がトップセールスへ
「排出口詰まり逆流」=放射性廃液漏れの調査結果
もんじゅ再開へ申し入れ=試験運転計画書も提出
安全委も運転再開容認=停止中の高速炉「もんじゅ」

<柳沢伯夫氏>城西国際大学学長に 政界引退、4月から(毎日新聞)
将棋史上2人目の1000敗、有吉九段(読売新聞)
民主都議スタッフ、身分偽り五輪招致映像費を調査(産経新聞)
普天間「県外・国外」 首相うっかり約束!?(産経新聞)
山内議員元秘書を再逮捕へ 新たに4000万円詐取容疑(産経新聞)
posted by ナカザワ コウイチ at 03:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

来年度事業計画を決定―日本精神科病院協会(医療介護CBニュース)

 日本精神科病院協会(日精協)は3月5日、定期代議員会で来年度の事業計画を決定した。事業計画には、精神医療改革に関する政策的な検討と提言作りなど、42項目にわたる重点事業などを盛り込んだ。

 日精協は、政策や経済、病院の経営管理などを議論する各委員会から提起された項目を基に、来年度の事業計画を決定。このうち、重点事業に掲げているのは、▽厚生労働省の「今後の精神保健医療福祉のあり方等に関する検討会」の報告書(昨年9月)を踏まえた精神医療改革に関する政策的な検討と提言作り▽来年度の診療報酬改定への対応と12年度の医療保険と介護保険の同時改定に向けた情報収集や提言作成▽看護師の精神科病院就職のための研修会支援―など、計42項目。
 中でも、12年度に控えた医療・介護保険の同時改定を、精神科医療をめぐる大きな転換期と位置付け、慢性期医療の評価法や、認知症医療における精神科の役割の整理などを重点項目に挙げている。

 計画にはこのほか、一般事業として、▽24時間ケア付きの地域の受け皿作りなど、精神障害者福祉の拡充▽今年7月に施行後5年を迎える医療観察法の改正点や実施上の問題点についての提言―など、33項目を盛り込んだ。


【関連記事】
08年度の病院の未収金、推計284億円―四病協調査
精神科慢性期治療への評価引き上げを―日精協
【中医協】認知症患者の退院調整加算などを新設
精神障害者福祉の見直し求め要望書―日精協
精神保健指定医の高齢化と地域偏在を指摘―日精協

<学力テスト>7割で実施へ 全国小中学校(毎日新聞)
2.4億円支払いで和解=元レストラン店長過労訴訟−鹿児島(時事通信)
神奈川県内のマクドナルド全店、全面禁煙に(読売新聞)
<掘り出しニュース>興福寺“ナマ阿修羅”見られます 国宝館、改装終了(毎日新聞)
<シュワブ陸上案>「決議を超えてやるケースも」官房長官(毎日新聞)
posted by ナカザワ コウイチ at 13:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

<自民>総裁辞任求める声続々 党勢低迷、参院選に恐怖感(毎日新聞)

 自民党で参院選前の谷垣禎一総裁辞任を求める声が相次いで表面化した。舛添要一前厚生労働相に続き、与謝野馨元財務相も10日発売の月刊誌で「谷垣総裁では自民党の再生はおぼつかない」と厳しく批判した。党勢が低迷したまま参院選に突入することへの恐怖感を背景に、「新党」含みの党内の動揺は簡単に収まりそうにない。

 与謝野氏は「文芸春秋」に寄せた論文で「執行部を交替して新生自民党を立ち上げるのか、新党という旗を掲げて新しいパラダイムを求めていく方が近道なのか、私が決断を下す時期はそう遠くない」と踏み込んだ。与謝野氏と近い園田博之幹事長代理は8日、党本部で大島理森幹事長と会談し、「権力闘争や感情ではない」とひとまず火消しに乗り出したが、与謝野氏周辺は「与謝野さんは本気だ」と漏らす。

 先週、自身の「谷垣降ろし」発言を参院自民党幹部に釈明した舛添前厚労相は8日、与謝野氏という「援軍」を得て、「政党支持率の伸び悩みは、会社の経営でいえば業績が上がっていないということ。改革の動きが起こるのは当然だ」と記者団に改めて持論を述べ、与謝野氏との連携も否定しなかった。党内では鳩山邦夫元総務相も新党構想に繰り返し言及している。

 河野太郎国際局長は「民主的にみんなで選んだ総裁」という理由で谷垣氏辞任論と一線を引くものの、中堅・若手主導の党運営を訴え、谷垣氏が5月の連休前に大島氏ら幹部を交代するよう迫っている。

 自民党は10年運動方針で「3年で3人の総裁交代、総裁降ろしに代表される党内抗争」を昨年の衆院選の敗因に挙げたが、参院選を前に「教訓」は早くも揺らぎ始めた。

 一方、鳩山由紀夫首相は8日、首相官邸で記者団に「谷垣総裁は、ある意味での良識をお持ちの中で総裁になられた。頑張って2大政党政治の中での一翼を担っていただきたい」と気遣ってみせた。

 谷垣氏は8日夜の記者会見で「民主党政権に一刻も早く退陣を迫らなければならないという危機感の表れだ。党内抗争にしてはならない。私自身も先頭に立って(民主党政権と)戦い、政策論争も積極的にやっていく」と語った。

【関連ニュース】
自民党:与謝野氏が新党結成の可能性に改めて言及
自民党:与謝野氏「新党結成辞さず」…執行部批判続々
与謝野元財務相:確定申告相談会を視察
首相公邸:改修費は474万円 鳩山首相の転居時
与謝野元財務相:債務残高増大、民主党も責任取って

<消された年金>記録訂正の確認手段 厚年基金や健保でも(毎日新聞)
火災 団地の1室全焼2人死亡  山梨・南アルプス(毎日新聞)
愛称決めて JR東「はやて」後継「E5系」(河北新報)
都島の失跡社長 マカオで服役の男逮捕へ 府警 殺害・遺棄 自供から10年(産経新聞)
普天間移設 首相「今月中に決断」(産経新聞)
posted by ナカザワ コウイチ at 18:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。