2010年04月20日

金券ショップに強盗 少年を逮捕(産経新聞)

 金券ショップに押し入って現金を奪い、男性経営者にけがを負わせたとして、警視庁竹の塚署は16日、強盗致傷の疑いで、住所不定、無職の少年(19)を逮捕した。同署によると、少年は「金がほしかった」と供述している。

 逮捕容疑は3月18日午後7時半ごろ、東京都足立区西竹の塚の金券ショップに「財布を買い取ってほしい」と客を装って入店。応対した男性経営者(51)に「金を出せ」と脅迫し現金約32万円を奪い、男性の両手を粘着テープで縛って顔を殴り軽傷を負わせたとしている。

【関連記事】
金券店に偽造収入印紙 詐欺未遂容疑などで男逮捕
「ストレスがたまっていた」 門真の元少年 傷害致死容疑で送検
携帯電話注意されて教諭ける 容疑の中3男子逮捕 所沢
「聖火ランナーのまねをしようと…」竹ぼうきに火を付けた少年ら逮捕
警察署の証拠品バイクから部品盗む 容疑の2少年を逮捕 福岡県警
外国人地方参政権問題に一石

<雑記帳>まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願(毎日新聞)
ギョーザ事件、21・22日に日中情報交換(読売新聞)
国内1位東大は変わらず=研究機関ランキング−米企業(時事通信)
交番で硫化水素発生、殺人未遂で無職男逮捕(読売新聞)
<八王子2人殺傷>無期を懲役30年に減刑 東京高裁(毎日新聞)
posted by ナカザワ コウイチ at 06:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

トマホーク退役で破れる「核の傘」 危機感薄い首相「核のない世界へ一歩」(産経新聞)

 オバマ米政権の「核戦略体制の見直し」(NPR)を受け、鳩山由紀夫首相は7日、「核のない世界に向けた第一歩だ」と歓迎の意を表明した。核搭載型巡航ミサイル「トマホーク」退役により日本の「核の傘」による抑止力は低減するが、対応策は何も示せておらず、政府の危機感の欠如をまた露呈したといえる。

 核トマホークは東西冷戦中、日本に立ち寄る米原潜に搭載された。基地や政権中枢部をピンポイントで攻撃できる能力を持つため、日本に対する核攻撃への大きな抑止力となっていた。

 冷戦終結後は軍艦船から撤去されたが、有事に再搭載できるよう米本土の基地に保管されており、なお抑止力は働いていた。

 米政権がトマホーク退役を決めたのは、これまでイラク戦争など実戦で使われたことはなく、政治的コストを考えると、より使い勝手のよい通常兵器への転換を進めるべきだと判断したとみられる。

 「核の傘」としては、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)など戦略核もある。岡田克也外相は7日、「日本の『核の傘』は戦略核がきちんとカバーしており、(安全保障に)影響はない」とトマホーク退役の影響を否定した。

 だが、戦略核を使用すれば、米本土が「報復」対象となる可能性があり、日本への核攻撃の報復として米国が戦略核を用いる保証はない。防衛省筋は「トマホークが退役すれば、日本の核攻撃に対する抑止力は事実上通常兵器だけになりかねない」と懸念を示す。

 政府は「非核国への核兵器不使用」を安保理決議や条約化を視野に他の核保有国に履行を働きかけていく方針だが、核保有国が同調する可能性は少ない。3月の主要8カ国(G8)外相会合でも岡田氏は「核の役割低減」を共同声明に盛り込むよう訴えたが、クシュネル仏外相が「国の大きな政策であり絶対譲れない」と猛反発し、見送られた。

 12、13両日の核安全保障サミットで首相が「核の傘」の恩恵を理解せぬまま「非核」を訴えれば、安全保障への「無知」を国際社会に示すことになりかねない。(赤地真志帆)

【関連記事】
米NPRを歓迎 岡田外相、日本の安全保障「影響ない」
「常時駐留なき安保」 防衛研究所が懐疑論
「密約以後」に問われる誠実さ
米露新条約 オバマ大統領「言葉を行動に変えた」
日米に反感を広げた「密約」検証
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<火災>マンションの一室全焼、1人死亡2人重体 川崎(毎日新聞)
長官銃撃概要の警視庁HP、アレフが削除申出書(読売新聞)
職質から逃走、カーチェイス5キロ 44歳男を逮捕 接触で2人けが(産経新聞)
海王丸 咸臨丸の航路たどる…サンフランシスコに向け出航(毎日新聞)
船体に赤い塗料…シー・シェパードの妨害受けた調査捕鯨船団母船が帰国(産経新聞)
posted by ナカザワ コウイチ at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

谷垣氏、執行部交代を拒否=参院選対に若手起用−自民両院懇(時事通信)

 自民党は1日午前、党本部で両院議員懇談会を開いた。鳩山内閣の支持率下落にもかかわらず自民党の支持が上向かないことを踏まえ、出席者からは執行部刷新を求める意見が続出。これに対し、谷垣禎一総裁は「人事を大きくいじろうとは毛頭考えていない。私が責任を持って選んだ人事だ。この人事で戦いたい」と述べ、大島理森幹事長ら現執行部体制で夏の参院選に臨むことを明言した。
 その上で、谷垣氏は「若い方々に頑張ってもらう場をつくりたい」として、近く設ける参院選選対本部の主要ポストに中堅・若手を起用する考えを示し、理解を求めた。ただ、党勢低迷に対する党内の危機感は強く、執行部批判が収まるかは不透明だ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

レイテ沖海戦“謎のUターン” 栗田中将の名誉回復を 最後の兵学校生徒が著書(産経新聞)
相次ぐ赤ちゃん事故 「カンガルーケア」実施に慎重さ求める動き(産経新聞)
ケア付き高齢者向け住宅の選び方で小冊子―東京都(医療介護CBニュース)
「どう接したら…」 2乳児遺棄の母、長男を虐待か(産経新聞)
<名古屋地裁>点字のみの訴状受理 障害者「裁判開かれた」(毎日新聞)
posted by ナカザワ コウイチ at 19:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。