2010年03月25日

国交省、道路運送車両の保安基準細目告示を改正(レスポンス)

国土交通省は19日、国連型式認定相互承認協定に基づく「ドアラッチ及び扉保持構成部品に係る協定規則(第11号)」などの規則が改正されたことに伴い、道路運送車両の保安基準細目告示を改正し、22日から施行すると発表した。

改正された協定規則は、ドアラッチ及び扉保持構成部品のほか、乗用車用空気入りタイヤ(第30号)、かじ取り装置(第12号)、乗用車の制動装置(第13-H号)。

制動装置については、ブレーキアシストシステム(BAS)の性能要件と試験方法を新たに規定し、規定を満たすことを義務付ける。新型車については2011年11月1日以降に新たに型式指定を受ける自動車に適用し、継続生産車は2013年11月1日以降に製作される自動車に適用する。

その他の規則についてはいずれも施行日から適用する。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
国交省、ブレーキ優先システムの基準化を検討…米国の暴走事故契機に
【OSAKA ゆめライド】第二京阪を自転車で疾走! 前例のない高速道路上サイクルイベント
TOYO TIRESターンパイクでタイヤ安全点検 4月4日
国土交通省 特別編集

<阿久根市長>司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に(毎日新聞)
米次官補が訪日を突然中止 日程上の理由と国務省(産経新聞)
核密約 笠井亮議員「討議記録を知っていたか」(産経新聞)
「事故起こし逃走した」=米兵聴取、追突認める−沖縄県警(時事通信)
すばる後継や古典基盤整備を=大型研究計画43件提言−科学的評価で選抜・学術会議(時事通信)
posted by ナカザワ コウイチ at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。