2010年03月18日

<関西空港>出国エリア改修工事が完成 1.5倍に拡張(毎日新聞)

 関西国際空港で進められていた旅客ターミナルビル3階出国エリアの改修工事が完成し、15日にオープンした。総事業費約40億円をかけ、出国審査を通過した後の免税店などが並ぶエリアの床面積をこれまでの約1.5倍の5500平方メートルに拡張した。

 旅客ターミナルビルの大規模改修は94年の開港以来初めて。

 昨年12月、シャワー、仮眠スペースや土産物店などが先行オープン。今回ブランド品の免税店7店を新設するなど、出国エリアは計41店舗になった。24時間空港にもかかわらず、これまでは深夜便出発の時間帯に営業している施設はまれだったが、リニューアルした店舗の多くは早朝から深夜まで営業する。【酒井雅浩】

【関連ニュース】
ゆるキャラ:香港で関西PR 大阪で結団式
捜査書類漏えい:「事件起こせば辞められる」 大阪税関・関空支署職員が漏らす
貨物機が着陸に失敗し横転、炎上 乗員2人死亡 成田空港
空港物語:/29 機内清掃 /大阪
空港物語:/28 外貨両替所 /大阪

第一三共が中期経営計画を策定(医療介護CBニュース)
鶴岡八幡宮 大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台(毎日新聞)
京都で民家火災、焼け跡から1遺体発見(産経新聞)
厚労省元局長の関与「記憶ない」=元室長補佐が供述否定−大阪地裁(時事通信)
<雑記帳>すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原(毎日新聞)
posted by ナカザワ コウイチ at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

北日本中心、11日明け方にかけ強風・大雪か(読売新聞)

 三陸沖で急速に発達している低気圧の影響で、北日本を中心に11日明け方にかけて風が非常に強く吹き、大雪となる見込みとなっている。

 気象庁によると、低気圧が進むのに伴い、北日本の大雪は次第に北海道のオホーツク海側が中心となり、11日昼過ぎにかけて続くとみられる。

 また山口県でも11日未明にかけてさらに20センチ程度の雪が降るところがある見込み。

 11日午後6時までに予想される降雪量は、いずれも多いところで、北海道、北陸の各地方で40センチ、長野、群馬、岐阜の各県と近畿北部で30センチ。

 また全国的に風が強まり、特に北海道の太平洋側と北陸地方では11日明け方にかけて雪を伴って風が非常に強く吹き、また伊豆諸島でも11日未明にかけて風が非常に強く吹き、海は大しけになると予想される。

「日勤教育」でJR西の賠償確定 最高裁(産経新聞)
下呂温泉の芸妓組合、78年の歴史に幕(読売新聞)
<桜島>爆発的噴火300回到達 観測史上最速(毎日新聞)
<もんじゅ>地震での重大な影響なし 原子力安保院作業会合(毎日新聞)
最終列車 「北陸」「能登」に撮り鉄多数 JR西は警戒(毎日新聞)
posted by ナカザワ コウイチ at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。